Googleトークの認証に失敗しました。何をすべきか?

「Googleトークの認証に失敗しました」というエラーはそれほど一般的ではありませんが、Google Playからアプリケーションをダウンロードするときなど、ユーザーに問題を引き起こす可能性があります。この問題に対する単一の解決策はないので、最も可能性の高いオプションのいくつかを見てみましょう。

最初の解決策

最初のステップは、Googleサービスを更新することです。これを行うには、Google Playを開き、左フレームを左から右にスワイプして、[マイアプリケーションとゲーム]を選択するメニューを表示します。

[インストール済み]タブですべてのGoogleサービスを見つけて更新します(アプリケーションをタップして[更新]をクリックするか、[すべて更新]を選択します)。

これは役立ちます。

第二の解決策

Googleサービスの更新が機能しない場合は、Googleアプリのキャッシュをクリアしてみてください。

「設定」に行きます。

ここに「アプリケーション」セクションがあります。

次に、「すべて」タブを選択し、スクリーンショットに示すように、Google Playストアを見つけます。アプリを1回タップします。

アプリケーション自体のページで、「キャッシュのクリア」、「データの消去」、「停止」ボタンを交互にクリックします。

その後、アプリを使用してGoogle Playを起動します。エラーはなくなるはずです。同じ方法で、他のGoogleアプリのデータを消去してみてください。しかし、これが役立つかどうかを確実に言うことは不可能です。

第三の解決策

問題の3番目の解決策として、ここでGoogleサービスの同期を構成する必要があります。

これを行うには、もう一度[設定]セクションに移動します。今回のみ、Googleアカウントを選択します。

ここにあなたのアカウントが表示され、それをクリックします。

[同期]セクションで、すべてのチェックボックスをオフにして、デバイスを再起動します。

再起動後、このセクションに戻り、すべてのチェックボックスをインターネットに接続した状態に戻します。

デバイスの動作確認を行っています。

4番目のソリューション

他のすべてが失敗した場合は、スマートフォンまたはタブレットの出荷時設定を復元します。これを行う方法については、前に詳しく説明しました。

出荷時設定にリセットするとすべてのデータが消去されるため、必ずバックアップしてください。

推奨されます

Androidの電話画面で天気を設定するにはどうすればよいですか?
iPhoneパスコードの小文字と大文字
電話は「ネットワークに登録されていません」と言います。何をすべきか?